交通事故ハンドブック|交通事故に強い弁護士

交通事故では、加害者に有利な賠償の実態があります。
傷害のみ(後遺症が残らずに怪我だけで通院や入院して治療を終えて完治した場合)だとある程度の上がり幅ですが、
もし後遺障害等級認定を受けて14級以上の等級が出た場合は、まず弁護士に相談した方が良いと言えます。

慰謝料は上がることが非常に多いですし、
収入によって逸失利益も大幅な上がり方をする場合が多いです。

また、過失割合で揉めることもありますが、
そんな時、交通事故に強い弁護士であれば、

判例を武器に、例えば交差点の信号で被害者が赤信号で突っ込んできたと加害者が被害者の過失を主張してきた場合、
実際の事故現場の信号周期表を取り寄せて事故時の状況を客観的に分析し、被害者が主張する事故状況を客観的に裏付け、
加害者が言うような被害者に不利な過失割合を覆すことさえあります。

ページ上部へ戻る