人気のロードバイクで交通事故に遭わないための交通ルール

 ブレーキの利きは乗る前に確認が鉄則です。確認を怠るのは、大変危険で、ロードバイクに、乗る資格はありません。イヤホン着用も危険です。でこぼこ道を走る時は注意が必要です。サイクリングコースも結構危ないです。段差とか砂とかあります。ロードバイクで歩道を走ることは、 歩行者と接触の恐れがあって危険です。
ロードバイク
 車道でも注意しましょう。道路によっては、配管工事など公共事業のため、 デコボコになっている道路が多いです。 タイヤが細いので、アスファルトの溝に引っかかったり、マンホールの段差や道路のデコボコにハンドルを取られないよう 常に道路の状態に注意し、綺麗な道路を走るようにするべきです。自転車は道路交通法上「車両」の一種です。なので歩道と車道の分かられている道路は、車道通行が原則で、車道の左端を通行します。俗に言う自転車の逆走は大変危険です。歩道は歩行者優先です。良く見かける光景で、歩行者をどかせる為にベルを鳴らしながら歩道を走る人がいますが、それは違反行為です。
車道
 歩行者が多く走ったまま通れない時は、自転車から降りて押して歩くのが良いです。信号待ちをする際、先頭が大型トラックの場合、 その後ろに待機し、大型トラックに先に道を譲る事で、左折するとき巻き込み事故の危険性を回避できます。ヘルメットを着用する事で転倒や事故の際に頭を守ってくれるだけでなく、熱中症対策や夜道で存在感をアピールする役割もあります。
ヘルメット
 ライトを前面だけでなく、夜に走る方は後輪にもつけておき、後部にライトを点灯していることによって、夜道でも早く後ろの車に気付いてもらえて安全です。飲酒運転、スピードの出し過ぎ、走りながらのスマホ操作も禁止です。

ページ上部へ戻る