バイク事故ってどんな原因が多いの?

 車ではなくバイクを利用しているという方が結構いると思われます。小回りが利いて狭い道でも運転しやすいというメリットがありますが、一方で事故も多発している点に注意しなければいけません。体を守っているものはヘルメットくらいしかないので、重傷を負ったり、命を落としてしまうケースが少なくありません。そこで、バイク事故では、どのような原因が多いのかについて見ていきます。
バイク
 まず、無理な追い越しを挙げることができます。バイクは横幅が少ないので、簡単に追い越しをすることができます。ただ、路肩を走っている場合は車の左折に巻き込まれてしまう可能性がありますし、車と車の間を通る場合は車線変更をする車と接触事故を起こしてしまう可能性があります。渋滞の際は、追い越しは便利ですが、通常時は車がどう動くかを察知しながら行う必要があります。
事故 
 また、前方不注意が原因のバイク事故も多く発生しています。ツーリング等で景色を楽しみながら運転するなどよそ見をしながら運転している方が決して少なくありません。よそ見をしながら運転していては、当然事故に遭うリスクが高くなってしまうので、前方不注意にならないように心がけてください。
自動車保険に比べるとバイク保険の加入率はまだまだ低いのが現状です。事故が多く発生していることを考えると、それはナンセンスだと言わざるを得ません。事故が起こってからでは遅いので、万が一の事故にしっかり備えておくべきです。またロードバイクでの事故にも注意が必要です。
 不注意が原因となることが多い交通事故ですが、くれぐれも防止に努めたいですね。

ページ上部へ戻る